山形県の釣り場マップ

村山の釣り場




村山(むらやま)地区

県庁所在地であり、比較的人口密度も高く、地区内の釣り場は釣り人が多い。
月山水系は雪が多く雪代は6月一杯続きますが、夏は気温が上がり渇水しやすい。

・寒河江川(さがえがわ)水系

私のホームグラウンドです。漁協の放流や河川管理が行き届いていて、この地区
では最もお勧め。なんと言っても県内随一の大物の狙える水系です。

この地区の河川は、比較的岩盤質の地形を流れていて、堰堤の埋まるのが遅く、
良い堰堤上の釣り場が沢山存在する。寒河江ダムも5〜6月には50cmオーバ
ーの岩魚が狙える好釣り場となる。

河川の釣りでは、ダム上下の寒河江川本流がルアーに適した釣り場となる。特に
下流部は、数こそ少ないものの、大型の岩魚やサクラマスが狙える。サクラマス
の最も有名な釣り場は、最上川との合流点付近。

又、この水系には非常に沢山の支流が存在するが、大型の岩魚を狙えるのは四谷
川、大越川など、ごく一部の大支流に限られる。小さな支流(水沢川等)は、早
期から餌釣り師が非常に多く入る。

ダム上流の大井沢には、97年よりフライ専用管理釣り場が誕生しています。
またダム上流の最初にある橋から大井沢根子橋までは、97年7月よりキャッチ
&リリース区間となったため、釣った魚は必ず放流する様、気を付けて下さい。
その分、魚影は濃くなっているとの情報がありますので、期待は出来ます。

・月布川(つきぬのがわ)、朝日川、実淵川

春先に小型の渓魚を中心に、楽しい釣りが可能。しかし、放流物中心で、大型は
殆どお目に掛かれません。どちらかと言うと餌釣りに向いた河川のため、釣り人
が異常に多く魚は簡単に釣りきられてしまう様です。

・馬見ヶ崎川(まみがさきがわ)

成魚、稚魚の放流が定期的に、しかも大量に行われているため、魚影は意外と濃
いが、それ以上に釣り切られやすい河川でもある。しかし、放流直後にぶつかれ
ば、20cm前後のヤマメの束釣りも夢ではありません。スレているため滅多に
釣れないが、ヤマメは40cm近いものまでの結構な大物が棲息している。

・丹生川(にゅうかわ)

ここも漁協の活動が盛んだが、数年前より雑誌に頻繁に取り上げられる様になり、
最近は良い思いをした事が少ない。ルアーで狙うのなら、これも滅多に釣れない
が、国道に近い本流での大型の岩魚が面白い。上流部にある2つのダム湖は共に
型の良い岩魚・ヤマメが狙える。

・その他

東根市の白水川ダムでは、4月〜5月初にかけて、中型のヤマメが中心ですが、
ダム湖の釣りが可能です。下流部は細く、餌釣りに向いている。